新着情報

2019年06月28日

プール遊び!



2019年06月15日

あじさい茶会(年長組)

年長組のみんなで『あじさい茶会』を楽しんだよ

  


  


  


   

  



みんなが主役のクッキング!

先日のさくら組のクッキングの様子を眺めながら、「次はつばき組だよ!」とあやこ先生といっしょに『ハッピー・クッキング』の日を心待ちにしていたみんな。

早速、みんなでバスに乗って、バローに向かいました♪ グループに分かれて材料をひとつひとつ確認しながら店内をゆっくりと見学しましたよ。 


  

お買い物のお支払いを、子ども達みんな、レジのそばで見せて頂きました。
今回も、店員さんは笑顔いっぱいで対応して下さり、子どもたちも安心してお買い物が出来たように思います。
バロー市橋店の皆様、本当にありがとうございました。


  



  

  



  




さくら組がパティシエに変身!美味しいクッキーできるかな?


待ちに待った『ハッピー・クッキング!』
第1回は、「クッキーを作ろう」事前にお家の人と、クッキーの材料について話し合ってきたみんな。
「卵がいるよ」「牛乳」「小麦粉」「おさとう」と、みんなで確認し合いました。
材料別にグループに分かれて、お買い物バッグも持って、バロー市橋店にレッツ・ゴー!!


  

バローにつくと、副園長先生が「おはよう!」と、みんなを迎えて下さいました。
まずは店長さんに元気にご挨拶。そして、他のお客さんに迷惑をかけないよう約束をした子どもたちは、
手におかいもののメモをしっかりと握って、さあ、スタートです!

「お砂糖どこかな?」「ホットケーキミックスあった〜!」「卵は割れないようにね」
棚に陳列された色々な商品に目を奪われながらも、みんなでお買い物を進めていきましたよ。


  

材料をかごに入れた子どもたちは会計レジへ。
今回は、しょうた君が代表で、お金を渡して会計をしました。
緊張気味だったけれど、店員さんがおつりを両手でそっと手渡してくださり、お店の方々の温かいお心遣いを感じました。
バローの皆さんにお礼を伝え、バスで園に戻り、さあ、いよいよクッキングです!!


  

5つのグループに分かれて、粉や砂糖の分量を量るのも、卵を割るのも、ぜ〜んぶ子どもたちの役目。
最大の難関は、卵割り!
「じょうずに割れるかな・・・」とこわごわ手にしている心配そうなお友達に、副園長先生が手を添えて教えてくださいました。
「せんせい、できた!」「バターはどうするの?」「小麦粉かきまぜてもいい?」「順番に混ぜようよ」と、いつになく、積極的なみんな。
先生が何も教えなくても、お友達が混ぜやすいようにボールを持ってあげたりしながら、助け合って作る子どもたち。ぽかぽかと心があたたかくなりました。


  

  

さあ、みんなで好きな形を作ってできあがり!
普段、粘土遊びでクッキーやケーキを作っているみんなだから、本物のクッキーも、自分のイメージ通りにとっても上手に仕上げました。
こだわりの逸品がとうとうオーブンに入り、もうすぐクッキーに変身するのが待ちきれない様子でしたよ。


  

「完成で~す!」と次々運ばれてくるクッキーに、「わあっ!!」「おいしそう!!」
しばらく感嘆の声がやまらず、本当にうれしそうな子ども達。中には「なんかつかれた〜」と話す子も。
指先と頭をいっぱいに使って、友達と協力して取り組むクッキングだからこそ、そんな本音もでたのかな?
手づくりっておいしい!みんなでつくるとたのしい!そんなハッピーな気持ちになれたひとときでした。
ハッピークッキングはまだまだ続きます!
みんな、お楽しみにね。


  



2019年06月03日

りずむ発表会

令和元年、初めての発表会をアリーナで!!

4月末から、じっくりと取り組んできたカスタネットや歌、鍵盤ハーモニカの演奏。
いよいよ『りずむ発表会』本番を迎えました。当日は、少し早い開場となりましたが、保護者の皆様にはご協力を頂き本当に感謝しております。
広い広いアリーナの中、みんなが緊張していたと思いますが、一つ一つの発表に子どもたちの可能性を限りなく感じ、私たちも心が感動で震えるくらいのすばらしい発表会となりました。
そして、忘れてはならないのが、今回プログラムを進行してくれた年長『ふじ組』の子ども達。
心のこもった力強いアナウンスがあったからこそ、子どもたちがすばらしい演奏を聴かせてくれたのだと思っています。ふじ組さん、ありがとう!


  

<年長組> 英語の歌『THIS IS THE WAY』 鍵盤ハーモニカ『かえるの歌〜きらきら星』
クリス先生に発音を教えてもらい、今回は2曲の英語の歌に挑戦しました。
ジェスチャーも入れると2つの曲がまるで物語のようにつながり、子ども達の豊かな表現力が歌のすばらしさを引き出してくれました。
鍵盤ハーモニカは、昨年演奏した『かえるのうた』に加えて、新しく覚えた『きらきら星』。朝・昼・帰りの時間に一つ一つ確認しながら練習を重ねて、
当日はみんなの演奏がひとつに聴こえていましたね。


  

<年少組> 歌『おはようクレヨン』 手遊び『ぐーちょきぱーでなに作ろう』
「あ〜かいクレヨン…めをさました♪」と、普段お絵かきに使うクレヨンが愛らしく感じてしまうような歌。
まだ慣れない園生活のなか、『おはようクレヨン』をはじめて覚え、毎日くちずさんでいた子どもたちです。
『朝バスを待っている間、ずっと歌っていました』『大好きでお風呂でも聴かせてくれました』と保護者の方からの感想をいただき、子どもたちにとって初めて発表した歌が大好きな歌になってくれたことが本当にうれしいです。
当日、お母さんたちから離れて一生懸命に頑張る姿を見せてくれたその姿は、かけがえのない宝物です。


  

<年中組> 歌『にじ』 カスタネット『ハイホー・チキチキバンバン』

年少組が「ば・な・な・うん」と練習しているのを見て「年中はタタタタ・ウン・ウンとか、むずかしいんやよ〜」と自慢そうに話してくれた子がいました。
難しいリズムもどんどん覚えて、5クラスで合わせる時もそろうまで一生懸命に練習していたみんな。
リズムの合間に時々出てくる「ハイホー♪」のかわいいジェスチャーや、クラスの名前を言いながらかっこいいポーズをする場面では
「私をみて!」といわんばかりに、体をいっぱいに使って表現していましたね。
『にじ』の歌声もきれいに響き渡り、子どもたちの魅力全開の発表だったように感じました。


  

<年長組>カスタネット『we will rock you/ USA MIXバージョン』

ただカスタネットを鳴らすだけではなく、隊形移動もしながら魅せる年長組のカスタネット演奏。
今回は「Rock you!!」の独特のポーズが、まさにカスタネットとぴったりはまり、子どもたちも「かっこいい!もっと上手になりたい!」と練習からはりきって、また楽しんで取り組んでいました。
朝の外遊びでも帰りのバスを待っているときも、廊下を通る子どもたちからはカスタネットのリズムや歌が聴こえてきて、寝ても覚めても夢中だったようです。

「もっとかっこよくみせるには、ロックユーを大きく言わないと!」と本番前日まで、かっこよさを先生や友達と考えながら練習していたみんな。
本番は息もぴったりそろって最高の出来栄えでした。真剣な表情や、自信を持って取り組む姿は、私たちの手を離れて、大きく成長した姿そのもの。
ただただ立派の一言に尽きました。年少・年中の子どもたちも釘付けでしたね。
「楽しかった!」「またやりたい!」の声がたくさんきけたことが、大成功の証だなとしみじみ思いました。


保護者の皆様には、たくさんの感想を頂きました。職員全員で読ませて頂き、大切なお子様への愛情を痛感すると共に、職員への温かいお気持ちを改めて感じ得ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
無事に会を終えることができたのも皆様のご理解のおかげです。本当にありがとうございました。


  

 



« 1 (2) 3 4 5 ... 260 »