ぴー・かー・ぷー

2019年06月08日

美味しい給食のヒミツ

「おいしくたべてほしいな」心のこもった手作り給食

毎日、給食室からはいいにおい。「今日の給食、な〜にかな?」子どもたちが集まってきます。

若葉第3幼稚園には、3人の調理員さんがたくさんの工夫を凝らして毎日の給食を作ってくれていますよ。

今日もどっさりの野菜やフルーツが!
みんなが食べやすく、もりもり食べてくれるように、全て機械を使わず「手切り」します。野菜は安全のため、大きなカマで素早く茹で上げます。
あっちこっちで立っている白い湯気の中で、新鮮な野菜達が、まるで魔法に掛かったみたいに美味しく変身していきます!
きれいな色にゆであがって、とっても美味しそうにみえるね♪


  

その他にも沢山の工夫がなされていて、知れば知るほど「調理員さんってすごいな〜!」と尊敬してしまいます。
時には手作りクッキーなど、とびっきりのおやつを作ってくれたり。もちろん、レシピはオリジナル。
かわいくておいしいおやつに子どもたちは心躍らせています。
そんな3人の調理員さんの口癖は・・・
「子どもたちが笑顔で『おいしいおいしい』って食べてくれると本当にうれしい。
いつも、かわいいみんなのことを思って作っています。」
だからこそ、若葉第三幼稚園の給食は大人気なんですね。


10日から始まる、幼稚園説明会・給食試食会では、幼稚園の給食のヒミツをもっと詳しくお伝えしますので、楽しみにしていて下さいね!